映画「アバウト・タイム 愛おしい時間について」あらすじとネタバレ感想。日々に疲れたら見て欲しい作品

アバウト・タイムは、恋愛映画の中でも評価がとても高い作品です。

この映画は他の恋愛映画と同様に男女の恋愛が描かれていますが、それだけではなく家族愛について、また時間の尊さについても描かれている作品となっています。

アバウト・タイムは、見終わると「こんな恋愛がしたい」と思うだけではなく、今を必死に生きることが大切だと気づきますよ。

この記事では、アバウト・タイム 愛おしい時間についてのあらすじとネタバレ感想、無料視聴方法についてご紹介していきます。

また、ネタバレ要素が含まれています。

アバウト・タイム 愛おしい時間についての基本情報
  • 監督 : 「リチャード・カーティス」
  • 脚本 : 「リチャード・カーティス」
  • 主演者 : 「ドーナル・グリーソン」「レイチェル・マクアダムス」「ビル・ナイ」「リディア・ウィルソン」「リンゼイ・ダンカン」「リチャード・コーデリー」「ジョシュア・マグワイア」「トム・ホラルダー」「マーゴット・ロビー」「ウィル・メリック」



アバウト・タイム 愛おしい時間についてのあらすじ

イギリス南西部に住む青年ティムは、両親と妹、そして伯父の5人家族。どんな天気でも、海辺でピクニックを、週末は野外映画上映を楽しむ。

風変りだけど仲良し家族。しかし、自分に自信のないティムは年頃になっても彼女ができずにいた。

そして迎えた21歳の誕生日、一家に生まれた男たちにはタイムトラベル能力があることを父から知らされる。

そんな能力に驚きつつも恋人ゲットのためにタイムトラベルを繰り返すようになるティム。

弁護士を目指してロンドンへ移り住んでからは、チャーミングな女の子メアリーと出会い、恋に落ちる。

ところが、タイムトラベルが引き起こす不運によって、二人の出会いはなかったことに!なんとか彼女の愛を勝ち取り、その後もタイムトラベルを続けて人とは違う人生を送るティムだったが、やがて重大なことに気がついていく。

どんな家族にも起こる不幸や波風は、あらゆる能力を使っても回避することは不可能なのだと……。

そして、本当の愛とは、幸せとは何なのかを知る。同時に、ティムと時間の旅をともにする私たちも、愛と幸せの本質を実感することになる。

引用 : https://filmarks.com/movies

YUMANN
ここからは、アバウト・タイムのネタバレ感想をご紹介していきます。

アバウト・タイム 愛おしい時間についての感想

アバウト・タイム 愛おしい時間については、単純な恋愛映画だろうな〜という程度の感覚で見たのですが、これがいい意味で予想を裏切ってくれました。

アバウト・タイムは、タイムループもの作品、日本で言うところの「時をかける少女」のような世界観の作品です。

ただ、アバウト・タイムの方が現実とのギャップが少ないので、観ている人が共感しやすいようになっています。

誰しもが人生で一度は思うであろう、「あの時に戻れたら、、、」を形にしている作品ですので、観ていると自分の戻りたかった過去を思い出すことになりますよ。

YUMANN
ここからは、個人的にアバウト・タイム 愛おしい時間の感想をご紹介していきますね。

今日を生きるのが好きになる

この映画の魅力としては、主人公のティムがもがき苦しみながら、必死に前に進むことで幸せを手にしていくという物語の構成となっているところです。

家族関係や友情、また恋愛において、最初から全てがうまくいくなんて出来過ぎた映画みたいに現実は上手くいきませんよね。

アバウト・タイムは出来過ぎた映画ではなく、誰しもが現実世界で直面するであろう苦難について描かれています。

また、苦難に直面して悩んだり、苦しんだりしながら、一歩ずつ前に進んでいく主人公の姿が描かれています。

この映画の主人公の姿から、今日という日が仮に辛くても、頑張っていれば少しずつ少しずつ自分の望んでいる未来に近づいていけるのだと教えてもらうことができますよ。

アバウト・タイムは、ありきたりな恋愛映画ではなく、今日を生きることが好きになる。

YUMANN
今日を生きることが好きになろうと思えることが、今日を未来を幸せに生きていく方法だと教えてくれる作品です。

当たり前の毎日に感謝するようになる

この映画に込められているメッセージは、「人生は時計みたいに巻き戻せない。だから今日という日、今という時間を大切にしないといけない」というメッセージが込められています。

この映画では、主人公がタイムトラベルの能力を使って、戻りたい過去に戻り、自分の望む方向性へと未来を変えていきます。

しかし、タイムトラベルを使うことによって悲しい結末へと向かってしまいます。過去を好きに変えられても望む未来を手に入れられるかは全く別問題だとこの映画を通じて、理解することができます。

現実世界では、映画の主人公ティムのように、タイムトラベルができる人は誰もいません。

だからこそ、今日という日や今という時間をどのように使うのかが大事になってくると教えられます。生きていると、誰しも多くの選択をします。

「今日何を着て行こうかな?」「今日はカフェに行こうかな?」「そろそろ仕事を辞めて、新しい仕事を始めようかな?」など、多くの選択を人間は毎日しています。

選択を1つ変えるだけで、今日という日が予想もしていなかった今日になるなんてことは十分にありえます。

電車に乗っていると、窓の外に「パッと美しい景色や見たことがない光景」が広がっていると、あそこに行ってみたいと思うことがありますよね。

人生もそれと一緒で、この仕事面白そう、こんなことがしてみたい、あの人に会ってみたいと思うことがあるでしょう。

そんな時に、行動するかしないかで未来は大きく変わっています。

一度きりの人生ですので、自分の興味がそそられる景色が広がっていたら、その景色を見に行くことが大切だとこの映画から教えてもらうことができますよ。

YUMANN
未来は今の連続からしか生まれませんので、今という時間や今日という日をできるだけ大切にすること幸せな人生を送れることへの鍵なのかも知れませんね。

父と子の絆が描かれている

アバウト・タイムは、恋愛だけではなく父と子の絆が描かれています。父が子供のいつもとは違う表情に気がつき、そっとアドバイスをするシーン。

また、過去に戻って同じ1日を繰り返すようにアドバイスするシーンなどから、絆を感じることができます。

YUMANN
最近、お父さんに会っていないなみたいな人は、この映画を見てみてください。きっと会いたくなって、感謝の気持ちを伝えたくなりますよ。

アバウト・タイムのまとめ

アバウト・タイムは、単純な恋愛映画ではなく、父と子の絆を描いている作品です。

また、この映画を見ることで、「今の瞬間の選択が未来を作っている」と感じとることができます。

また、今日という日が貴重な1日であることに気がつきます。多くの人にとっては、毎日が当たり前にやってきますので、日々に尊さを感じれないという人が多いでしょう。

そんな人は、アバウト・タイム 愛おしい時間についてを見てみることをおすすめします。

決して見ている人に押し付け的なメッセージが詰まっているわけではないのですが、毎日を大切にしようという気持ちが自然と湧いてくる作品となっています。


【決定版】大人の恋愛がしたくなる!おすすめの恋愛映画25選

2019年9月1日