映画「EVERYDAY(エブリデイ)」あらすじと感想。無料視聴方法までご紹介


映画EVERYDAY(エブリデイ)は、美しい少女リアノンと霊体Aの恋愛が題材の作品です。この作品は、霊体に恋する少女というSF的な新しい恋愛映画として楽しむことができますよ。

この記事では、EVERYDAY(エブリデイ)のあらすじと見どころをご紹介していきます。メジャーな恋愛映画はもう見飽きてしまった…。そんな人におすすめの作品ですよ。

EVERYDAY(エブリデイ)の基本情報

・監督 : マイケル・スーシー

・キャスト : 「イアン・アレクサンダー」「マリア・ベロ」「アンガーリー・ライス」「デビー・ライアン」「ジャスティス・スミス」「コリン・フォード」「ルーカス・ジェイド・ズマン」「ジェイコブ・バタラン」「オーウェン・ティーグ」etc...

YUMANN
EVERYDAY(エブリデイ)は、amazon prime videoの無料会員になれば完全無料で視聴することができます。30日間の無料登録期間中に、解約すれば料金は一切かかりませんよ。

【EVERY DAYを無料視聴する↓↓↓】

EVERYDAY(エブリデイ)のあらすじ

家庭に問題を抱えている少女リアノンは、家庭のことについて誰かに打ち明けたいと思い、ある日ボーイフレンドのジェスティンに学校をさぼらない?と声をかけます。ジェスティンは、いつもリアノンをことを二の次にしており、冷たく接していました。しかし、この時だけは満面の笑みでOKを出しました。

普段のジェスティンとは違う様子に違和感を感じていたリアノンですが、嬉しさゆえに違和感について触れず、自然に接していました。リアノンとジャスティンは、学校をサボり海辺へと向かいます。

海辺では、リアノンがジェスティンに家庭の話を打ち明けます。すると、ジェスティンは親身になって話を聞いてくれ、優しくリアノンに対応します。

このときリアノンは初めてジェスティンの優しさ、温かさに触れた気がしました。また、ジェスティンに対して愛おしさを抱きます。夜が遅くなってきたこともあり、ジェスティンとリアノンは学校で再会する約束をして別れます。

次の日、リアノンがジェスティンに声をかけるといつもの冷たいジェスティンに戻っているのです。また、昨日のことは全く覚えていないと言うのです。

実はジェスティンが優しかった日は、霊体Aがジェスティンに取り憑いていたのです。霊体Aは生まれてから、同じ年の年齢の人にランダムで取り憑いて生活をしてきました。自分が取り憑く相手を決めることはできず、毎日違う誰かとして目を覚まし、違う誰かを演じて人生を生きていました。

霊体Aは、ジェスティンに取り憑いた日リアノンに出会い恋に落ちてしまうのです。霊体Aはリアノンに恋してから、違う誰かになってもリアノンの側にいました。

徐々にリアノンは、霊体Aの存在気がついていきます。そして、リアノンから毎日違う誰かになっている霊体Aに接触を試みます。その方法は、自分をジロジロ見てくる相手に声をかけるという方法です。この方法を試みた結果、リアノンは霊体Aに接触することに成功します。

霊体Aはリアノンから声をかけられたことがとても嬉しく、自分のことについて、また自分の送ってきた人生について打ち明けます。リアノンは霊体Aの話を聞いていくうちに、自分がボーイフレンドのジェスティンに抱いた感情は、霊体Aに抱いた感情だと気がつきます。

リアノンと霊体Aは、最初は戸惑いがありましたがお互いに惹かれ合っていき、毎日を共にするようになります。霊体Aは、毎日違う体でリアノンと接触しているので、リアノンは周りから奇妙な噂をたてられてしまいます。

しかし、噂を気にせず霊体Aと愛を育んでいました。そんな日々を送っていたある日、霊体Aはジェスティンという見た目も中身も優れている少年に取り憑きました。

霊体Aは、リアノンからずっとジェスティンに取り憑いていて欲しいとお願いをされたこともあり、しばらくの間必死にジェスティンの体に取り憑いていました。

しかし、霊体Aはジェスティンに取り憑いていることで、ジェスティンの両親を悲しませていることに気がつきます。そして、霊体Aはリアノンに別れを切り出します…。

【EVERY DAYを無料視聴する↓↓↓】

EVERYDAY(エブリデイ)の感想

(引用 : https://filmarks.com/movies/77676)

映画エブリデイは、霊体と人間の恋を描いている新しい形のラブストーリーです。この作品は、儚くも美しいまるで花火のような恋を描いています。

YUMANN
個人的な感想をご紹介していきます。

時間の尊さについて考えさせられる

エブリデイでは、時間の尊さについて描かれています。映画で描かれている霊体Aは、ごく僅かな時間しか人に取り憑くことができません。そのため、いくらリアノンと一緒にいたいと思ってもそれが叶わないのです。

ずっと一緒にいたい相手がいても、それが叶わないことがどんなに辛いことなのか、この映画を見ると考えさせられます。

YUMANN
家族・恋人・友人など、身近にいる人が当たり前にいてくれる日々は当たり前ではないと認識させられますよ。

中身で人を好きになる

映画の主役リアノンは、毎日違う人の体に取り憑いている霊体Aに恋をします。霊体Aは、日によって女性だったり男性だったりと、見た目や性別が毎日異なります。それなのに、リアノンは霊体Aを愛おしく思います。

つまりリアノンは、見た目ではなく中身で人を好きになっているのです。この映画では、見た目だけではなく中身を好きになることの大切さを教えてくれますよ。

見た目は年齢などによって、変化していきますが人間性や価値観など、人の根本の部分はなかなか変化しません。

YUMANN
中身で人を好きになることができれば、その人がどんなに年老いても変わらない気持ちで接することができますよ。長く続く恋愛は、見た目ではなく中身に恋をしている状態なのではないでしょうか。

アンガーリーライスが可愛すぎる

(引用 : https://eiga.com/extra/celeb/62/)

エブリデイでは、スパイダーマン・ホームカミングで一躍大人気になったアンガーリー・ライスが主役のリアノンを演じています。

高校生らしいファッションや、パーティー向けのドレスコーデをしているアンガーリー・ライスの姿はファンならたまらないと思いますよ。

YUMANN
アンガーリー・ライスのファンは、エブリデイを見てみてください。新しい姿を見ることができますよ。

EVERYDAY(エブリデイ)のまとめ

エブリデイは、人間と霊体の恋を描いている映画です。ありふれている恋愛映画と違い、SF的な恋愛映画になっていますので、恋愛映画を見飽きたなんて人におすすめの作品です。

エブリデイを見ることで、時間の尊さについて、また中身で人を好きになることの大切さを教えてくれますよ。

この映画を見終わると、「もしも、朝目を覚ましたら、違う誰かになってたらどうしようかな?」なんて妄想をしてしまうことでしょう。

【EVERY DAYを無料視聴する↓↓↓】

【決定版】大人の恋愛がしたくなる!おすすめの恋愛映画25選

2019年9月1日