映画「グット・ウィル・ハンティング」あらすじと感想。出会いは人生を変える

グット・ウィル・ハンティングは、不良少年が人との出会いによって、人生が大きく変化していくという物語です。

この映画は、名作と言われているだけあって、とても見応えのある映画です。

人は一人では生きられない、またみんな誰かに影響されて生きているということを理解することができる内容となっています。

この記事では、グット・ウィル・ハンティングのあらすじと感想、無料視聴方法をご紹介していきます。

グット・ウィル・ハンティングの基本情報
  • 監督「ガス・ヴァン・サント」
  • キャスト「ロビン・ウィリアムズ」「マット・デイモン」「ベン・アフレック」「ステラン・スカルスガルド」「ミニー・ドライファー」「ケイシー・アフレック」etc..
YUMANN
グット・ウィル・ハンティングは、U-NEXTに登録すれば無料視聴することができます。31日間の無料登録期間中に、解約すれば料金は一切かかりません。

グット・ウィル・ハンティングのあらすじ


ある日、名門大学のマサチューセッツ工科大学で数学を教えているジェラルド・ランボーは、生徒たちに誰も溶けないような難問を出題します。

大学の清掃員として働いていた不良少年のウィルは、黒板に書かれている難問をマサチューセッツ工科大学の生徒ではないにも関わらず、挑戦して解いてしまいます。

ジェラルド・ランボーが学校に来ると、黒板に見事な答えが書いてあるのに気がつき、誰が解いたのか調べますが学生は誰1人解けずにいたので、不思議に思っていました。

そこで、ジェラルド・ランボーはさらに難問を黒板に書いて、生徒たちに出題します。これをまたウィルが解いてしまいます。

ジェラルド・ランボーは、誰かわからないがとてつもない数学の才能を持っている人物がいると理解して、問題を解いた人を探し出します。

ありとあらゆる方法を使って、探し出すと問題を解いたのが、孤児として育ち、悪さばかりを繰り返して鑑別所に入っているウィルだと知ります。

(引用 : https://www.youtube.com/watch?v=r7r8Kt1NykI)

ジェラルド・ランボーは、ウィルの保釈金を払い、ウィルを外に出すことにしました。その代わり、ウィルに課したのは、「心理カウンセリング」を受けること。

また、ジェラルド・ランボーの元で、数学の勉強をするということでした。ウィルは、幼い頃から数多くの里親を転々としており、虐待された経験もあったので、人に心を開きませんでした。

そのため、ジェラルド・ランボーが紹介した心理カウンセラーとトラブルばかり繰り返しており、誰もウィルを更生させることができませんでした。

そこで、最後の方法として、ジェラルド・ランボーの同級生の凄腕の心理カウンセラーショーンを紹介しました。

ショーンは、最愛の妻を失ったばかりで、心に余裕がなかったにも関わらずウィルの心理カウンセリングを請け負います。

ウィルとショーンは、心に傷を抱えている、また孤児としてスラム街で生活をしていた経験があるという共通点などがあり、徐々に心の距離を縮めていきます。

ジェラルド・ランボーの元で、数学の勉強をしていたウィルは、持ち前の才能を開花させていきます。

あまりの才能に、ウィルは政府から注目されるようになっていきます。そして、ジェラルド・ランボーに紹介されたシンクタンク(天才頭脳の集まり)の面接を受けます。

無事、受かったショーンですが、高給かつ社会的地位が高い仕事でしたが、自分の仕事に全く誇りを持つことができませんでした。

また、ウィルは今のままの生活がいいと望んでおり、シンクタンクでの仕事を捨ててしまいます。

そして、ウィルは恩人の心理カウンセラーのショーンに別れを告げ、自分の好きな人生を生きるために旅に出ます…。

グット・ウィル・ハンティングの感想

グット・ウィル・ハンティングは、名作と評価されているだけあって、見どころがたくさんあります。

この映画に込められているメッセージは、自分らしく生きるための鍵になること間違いなしです。

また、本当の友情とは何か?ということを知ることができますよ。

YUMANN
個人的なグット・ウィル・ハンティングの感想をご紹介していきますので、参考にしてください。

人との出会いは人生を大きく変える

グット・ウィル・ハンティングには、出逢いによって人生が大きく変わるというメッセージが込められています。

この映画の主人公ウィルは、孤児として育ち、虐待をうけ、スラム街で生活をしなければいけませんでした。過酷な環境で育ったウィルは、人に心を開くことを極端に恐れるようになってしまい、誰も信じられないという状態になっていました。

しかし、ウィルは心理学者ショーンと出逢い、心境に変化が訪れていきます。

誰かを信じることは、裏切られた時に辛く悲しいけど、それ以上に心の繋がりを感じることができ幸せなことだと知っていきます。

ウィルはショーンに心を開くことができ、ショーンの助言をきちんと受け止めることができるようになっていきます。そして、ショーンに良い影響を受け、自分らしい人生を歩んでいけるようになっていきます。

また、心理学者のショーンもウィルとの出逢いによって、自分を取り戻ることができます。

この映画を見ることで、人との出会いは人生を変えるきっかけになると気がつくでしょう。いい人と出会うことができれば、その分人生はいい方向に向かっていきます。

逆に、自分にとってマイナスの影響を与えるようなドリームキラーのような人とばかり出会っていると、人生はネガティブな方向性へと進んでいく可能性が大きくなります。

自分の憧れのステージにいる人や、自分にとってプラスの影響を与えてくれそうな人と積極的に出会っていくことは、人生にとってプラスになるとこの映画は教えてくれますよ。

YUMANN
予期していなかったプラスの出逢いも大切にしないといけないと教えてくれますよ。

本当の友情について学べる

この映画では、本当の友情について描かれています。主人公のウィルは、頭がずば抜けて賢かったにも関わらず、同じ境遇の環境で育った悪い仲間とばかりとつるんでおり、才能を活かすのではなく悪さばかりをしていました。

しかし、ウィルは心理学者のショーンとの出逢いや、数学者のジョラルド・ランボーから学んだことによって、徐々に仲間と一緒にいることよりも次のステージに向かいたいという願望が湧いてきます。

ある日、いつものようにウィルの仲間が家に誘いにいきます。いつもだと、すぐに降りてきて助手席に座るウィルの姿があったのですが、この日はそれがありませんでした。

ウィルの不在に仲間は怒るのではなく、ウィルが自分達の元から旅だったことを嬉しそうに笑い、ウィルの家を後にします。

この時、ウィルは自分らしく生きるために長年一緒に過ごしてきた仲間の元を離れ、旅に出ていました。

このシーンから、本当の友情とは何か?ということを学べます。

おんぶに抱っこをしているような関係性、また足の引っ張り合いをして生ぬるい環境にいるのではなく、仲間の成長を後押しすることが本当の友情だと学ぶことができます。

YUMANN
本当の友情とは何か?ということは、この映画を見ることで自ずとわかりますよ。

愛すれば愛するほど、失う怖さを感じてしまう

この映画の主人公ウィルは恋をして、自分よりも大切な人を見つけます。

しかし、愛すれば愛するほど失ってしまった時の辛さや怖さを感じてしまい、一方的な別れを告げます。

愛するということは、一方で失ったときの悲しさを育てているということだと、ウィルの恋を通して気がつくでしょう。

YUMANN
自分よりも大切な誰かがいるという人は、ウィルの感情にきっと共感することができますよ。

グット・ウィル・ハンティングのまとめ

グット・ウィル・ハンティングは、不朽の名作と評価されているだけあって、見どころがたくさんあります。

出会いは人生を大きく変えるということを学ぶことができ、本当の友情とは何か?と問いなどを見ている人に与えます。

グット・ウィル・ハンティングは、辛い環境で育った不良少年が人との出会いによって、人生が大きく変化していくという物語ですが、誰にでもグッとくる内容となっています。

YUMANN
グット・ウィル・ハンティングを見れば、きっとこの映画を人生を通して大切にしたいと思えますよ。

【決定版】大人の恋愛がしたくなる!おすすめの恋愛映画25選

2019年9月1日