映画「キングス・オブ・サマー」あらすじと感想。現代版のSTAND BY ME(スタンド・バイ・ミー)

キングス・オブ・サマーは、現代版のSTAND BY ME(スタンド・バイ・ミー)と言われている作品です。

誰しもが思春期に感じるであろう大人への憧れ、そして反抗期に感じる大人への嫌悪感について描かれています。

この映画は、自分の思春期と重ね合わせて見ることができる作品ですので、とても面白いですよ。

この記事では、キングス・オブ・サマーのあらすじと感想、無料視聴方法についてご紹介していきます。また、ネタバレ要素が含まれています。

キングス・オブ・サマーの基本情報
  • 監督「ジョーダン・ヴォート=ロバーツ」
  • キャスト「ニック・ロビンソン」「ガブリエル・バッソ」「モイセス・アリアス」「ニック・オファーマン」「エリン・モリアーティ」「クレイグ・カッコスキー」etc…

【キングス・オブ・サマーの無料視聴する↓↓↓】

キングス・オブ・サマーのあらすじ

主人公のジョーは、思春期のど真ん中にいる少年。ジョーは、母親が他界してから父親と一緒に過ごしていました。

日々の生活の中で、どうしようもなく父親に腹が立っていたジョーは、ある日家出をする計画を立てます。

その計画とは、山の中にある空き地に自分達だけの秘密基地を作ることでした。この計画を親友のパトリックに話します。

パトリックもジョーと同様、母親と父親の過保護ぶりに腹が立っていました。そのため、パトリックもこの計画に乗っかることにします。

ジョーとパトリックの二人で、秘密基地を作る予定でしたが、ビアジオという少し変わった少年も自然と二人に馴染み、この計画に参加することになります。

3人は、空き地を耕すところから開始し、立派な家を建てることに成功します。

そして、家ができてからは、みんなで一斉に家出をします。山に作った秘密基地で生活を開始した3人でしたが、食料を自分達で確保するということができませんでした。

しかし、主人公のジョーは誰にも依存していない状態が、大人である条件だと思い込んでおり、パトリックにはチキンをとってきたという嘘をついて、晩御飯としてだしていました。

そんな生活を送っていた3人は、自分達が家出していることが事件になっていることを知ります。

しかし、自由を求めていたこと、自然の中で勇敢に過ごしている自分達に対して強いプライドを持っていたことから、家に帰ろうとはしませんでした。

ある日、3人で会話をしているときに、何かこの生活に足りないものがあるという話になります。そして3人が出した結論は、女性が足りないということでした。ジョーは、好意を寄せていた女性(ケリー)と接触することにします。

そして、ケリーを自分達のアジトに招待します。そして、ケリーと友達たちがやってきます。この日は、一緒にゲームをしたりダンスをしたりととても盛り上がりました。

ジョーはケリーが自分に好意があると思っていたのですが、実は親友のパトリックに好意を抱いていたのです。

ジョーの前で、ケリーとパトリックが親密になっていくことに対して、最初は我慢していましたが、途中で我慢ができなくなりました。

そして、パトリックに八つ当たりしてしまいます。ここから、ジョーとパトリックは大ゲンカしてしまい、ジョーはパトリックを追い出します。

また、苛立っていたジョーは、パトリックだけではなく、ビアジオも追い出します。一人で過ごしていたジョーは、ヘビと遭遇してしまいます。

ヘビがどこかに行くまで、じっと待っていたジョーの元に、ジョーの父親とケリーがやってきます。

ケリーはジョーが一人でいることを心配して、ジョーの父親を連れて行ったのでした。また、不思議とビアジオもその場にやってきました。

最終的には、ビアジオはジョーを助けようとして、自分が噛まれてしまいます。そして、病院に運ばれることになります。

ジョーは病院の待合室で、父親と食事をします。その時に、今までとは少し距離感が違った話をします。それは、お互いの恋についてでした。

また、ラストシーンは、喧嘩別れしていたジョーとパトリックが仲直りするシーンとなっています。

【キングス・オブ・サマーの無料視聴する↓↓↓】

キングス・オブ・サマーの感想

キングス・オブ・サマーは、現代版のSTAND BY ME(スタンド・バイ・ミー)と言われているだけあって、少年時代の心の成長について美しく描かれています。

また、多くの人が少年の頃に憧れた生活についても愉快に描かれていますよ。

YUMANN
個人的なキングス・オブ・サマーの感想をご紹介していきますので、参考にしてくださいね。

男の子の夢が詰まっている作品

この映画は、男の子の夢が詰まっている作品と言っても過言ではありません。少年時代に、みんなで秘密基地を作ったなんて経験がある人がいるでしょう。

また、自分達だけの秘密の帝国を作って、みんなで決まりごとを作って楽しんでいたという思い出を持っている人もいるでしょう。

キングス・オブ・サマーが何故男の子の夢が詰まっている作品なのかというと、秘密基地のクオリティーがとても高く、誰もが少年の頃に憧れた理想の秘密基地に近いものが描かれているからです。

また、秘密基地の近くから見える景色は、自分達がまるで王様になっているかのような気分にさせてくれる絶景です。

キングス・オブ・サマーを見ていると、少年の頃を思い出してワクワクソワソワすること間違いなしですよ。

YUMANN
少年時代の思い出について忘れがちになっているという人は、この映画を見てみてください。きっと思い出すことができますよ。

思春期の葛藤を上手に描いている

キングス・オブ・サマーでは、思春期の葛藤について上手に描かれています。

思春期は、何故か大人に憧れて、法律を破ってでも大人の真似をしていたなんて人もいるのではないでしょうか。

また、反抗期に差し掛かると親の言っていることがとても耳障りに感じたという経験がある人もいるでしょう。

この映画では、思春期・反抗期のあるあるについて上手に描かれています。また、思春期・反抗期を通り過ぎて、精神的に大人の階段を登っていく少年たちについても描かれています。

少年たちがどのようにして大人になっていくのかということについて触れられていますので、見ていると心がとても温かくなりますよ。

YUMANN
自分の少年の頃と主人公達と重ね合わせたり、比較したりして楽しむこともできますよ。

キングス・オブ・サマーのまとめ

キングス・オブ・サマーは、あまりメジャーの映画ではありませんが、少年達の心の成長について描かれている名作です。

この映画は、壮大な自然や景色が描かれていますので、絵を楽しむという観点でも楽しむことができる作品です。

また、映画の中で描かれている秘密基地について、「自分もあんな秘密基地を作ってみたかったな〜」なんて思い、自分の少年時代に懐かしさを覚えるでしょう。

キングス・オブ・サマーは、どのシーズンに見ても楽しむことができますが、夏にぴったりの映画ですので、会社の夏休みなどに見てみてはいかがでしょうか。

【キングス・オブ・サマーの無料視聴する↓↓↓】