映画「言の葉の庭」あらすじと感想。無料視聴方法までご紹介

言の葉の庭は、君の名はの監督「新海誠」の世界観が詰まっている作品です。

雨宿りの出会いがきっかけで、心に悩みを抱えている男女が成長していくという物語。

言の葉の庭は、映像がとても綺麗なので見ていると段々と引き込まれていく作品ですよ。

この記事では、言の葉の庭のあらすじと感想、無料視聴方法についてご紹介していきます。

言の葉の庭の基本情報
・監督 : 新海誠
・主題歌 : 秦基博
・出演者 : 「入野自由」「花澤香菜」「平野文」「前田剛」「寺崎裕香」etc…

YUMANN
言の葉の庭は、U-NEXTに登録すれば無料視聴することができます。31日間の無料登録期間中に、解約すれば料金は一切かかりません。

言の葉の庭のあらすじ

主人公の考雄は、雨の降っているある日、いつものように学校をサボって公園に行きました。雨が降っているので、雨宿りとして屋根のある小さな休憩所に向かいます。

すると、そこには先約の女性(雪野)が一人。この雪野は、昼間からビールを飲みながらチョコレートを食べているちょっと変わった女性でした。

考雄は、この雪野に対して「どこかで会ったことがある」と感じました。そして、考雄は「どこかでお会いしましたか?」と聞きます。

すると、女性は「いいえ」と答えました。しかし、時間が経ってから「雷神(なるかみ)の少し響(とよ)みて、さし曇り雨も降らぬか、君を留めむ」と万葉集のフレーズを言います。

この発言に対して、考雄は理解できませんでした。雪野は、万葉集のフレーズを言ってから、その場から立ち去ります。考雄は、ある晴れた日、また学校をサボって公園に訪れました。

しかし、雪野と遭遇することはありませんでした。そして、ある雨の日、また学校をサボって公園に行くと、そこにはチョコレートをつまみながらビールを飲んでいる雪野がいました。

考雄は、休憩所に腰掛けて、密かに雪野の足のスケッチをしていました。すると雪野から「学校は休み?」と聞かれます。これに対して、考雄は「会社は休みですか?」と聞き返します。

このようにして、二人の会話が始まっていきます。会話が終わり少し経つと、雪野が「また会うかもね。雨が降ったら」と言い残して、その場を立ち去ります。

また、雨の日に考雄が公園に行くと雪野と出会います。そして、考雄は今まで誰にも言えなかった将来の夢について雪野に話します。それは、「靴職人」になりたいということでした。

考雄が、日々に高校生という自分に対して、またつまらない日々に対して気だるさを感じていました。

そんな考雄にとって、雨の日にいつも出会える社会人の雪野は「まるで世界の秘密そのもの」みたいに見えていました。違う雨の降ったある日、考雄と雪野はお弁当の中身を交換します。

雪野は、その日家に帰ってから元彼に電話します。そして、こう打ち明けます。「初めて、チョコレートとアルコール」以外の味がしたと。

雪野は、社会に出たのですが、うまく適応することができず精神的に病んでいた状態だったのです。

そのため、雨の日にいつも公園にいるのは、出勤することができず、気分転換として公園に訪れているのでした。

また、違うある雨の日、雪野は考雄にお弁当のおかずをもらったお礼にと「ハンドメイド・シューズ」の本をプレゼントします。

そして、考雄は女性に対して、自分で作った靴をプレゼントすることを決意します。

考雄は、いつの間にか雨の日に出会える女性に心から惹かれていました。

また、雪野も「毎日、雨が降ればいいのに」と雨を祈るようになっていました。しかし、梅雨が明けたということが原因で、なかなか雨が降る日が訪れず、ふたりが出会うことはありませんでした。

考雄は、夏休み明けに学校にいくと、学校の中でまさかの雪野とすれ違います。

そして、考雄は雪野が古典の先生だったこと。また、生徒にいじめられてしまい学校に通うことができなくなっていたことを知ります。

ある雨の日、考雄は心に色々なモヤモヤを抱えたまま、公園へと向かいました。すると、そこには雪野がいました。

雪野に対して、考雄は万葉集の返し歌「雷神(なるかみ)の、少し響みて降らずとも、我は留まらぬ、妹し留めば」を歌います。

二人のやりとりの万葉集の意味は、「雨が降ったら、君はここにとどまってくれるだろうか」、「雨が降らなくても、ここにいるよ」という意味でした。

雪野は、考雄に対して「古典の先生だと気がついてくれると思っていたけど、あなたは違う世界ばかり見ていたのね」と言います。

考雄と雪野は、休憩所で雨宿りをしていましたが、雨があまりにも強いので、雪野の家で雨宿りをすることになりました。

雪野は、ずぶ濡れの考雄に対して、手料理を振舞います。

この時に、考雄と雪野は「今まで生きてきて、一番幸せかもしれない」と感じます。そして、考雄は雪野に対して、「好きなんだと思う」と気持ちを打ち明けます。

しかし、雪野は嬉しさを押し殺して、実家に帰ること、考雄と一緒にいれないことを伝えます。すると、考雄はまだ濡れている服を着て、家を飛び出していきます。

YUMANN
ここからは、感動のクライマックスです。続きは実際に見てみてください。きっと感動しますよ!

言の葉の庭の感想

引用(https://www.youtube.com/watch?v=YLDxwZHRP6o)

言の葉の庭は、雨や緑、光など自然を美しく描いています。そのため、この映画を見れば自然が好きになりますよ。

また、言の葉の庭は46分という短い映画ですので、途中で飽きてしまうということはありません。いつの間にか映画が終わっていたという感覚を味わうことができますよ。

YUMANN
個人的な言の葉の庭の感想をご紹介していきます。

新海誠の世界観が詰まっている

言の葉の庭には、監督の新海誠が描きたい世界観がストレートに表現されているな〜と感じました。

新海誠の映画を数多くみましたが、まず新海誠は描きたい絵が先で、ストーリーは絵から想像しているのだろうなっという印象を受けます。

例えば、言の葉の庭で描きたいのは、美しい雨の日、緑が生い茂っている公園、何かが始まりそうな公園の休憩所です。

描きたい絵に対して、心に悩みを抱えている男女の恋物語は、ぴったり当てはまったのだろうなと感じました。

言の葉の庭は、ストーリーがとても面白いので、単純に見ても楽しめます。

もしも、少し変わった見方をしたいと思っている人は、監督の新海誠が描きたい絵は何なのか?ということを想像しながら、この映画を見ることをおすすめします。

そうすることで、違った楽しみ方ができますよ。

聖地巡りができる

引用(https://www.youtube.com/watch?v=YLDxwZHRP6o)

言の葉の庭で登場する場所や景色は、実在する場所を元にされています。言の葉の庭の聖地をご紹介していきますので、参考にしてくださいね。

・新宿御縁

・新宿門

・太鼓橋

・東屋(ここは主人公の考雄と雪野が出会った場所ですよ。)

46分という短い時間の中に詰められたメッセージに注目

言の葉の庭は、46分という映画の中では短い作品となっています。

短い中に、たくさんのメッセージが込められていますので、この映画を見るときはメッセージを感じ取ることがおすすめですよ。

まず出会いは雨の日という設定についてですが、雨の日というのは少し気だるさを感じる日ですよね。

しかし、気だるさを感じる日でさえも素敵な出会いや出来事さえあれば、気だるさの中に魅力を見いだすことができるというメッセージが込められています。

また、この映画は映像や音がとても美しく、まるでカフェで流れているような気持ちの良いクラシック音楽のような映画となっています。

しかし、ラストシーンの雪野が気持ちを伝えるシーンだけ、雪野が全力で階段を駆け下りる。

また周りを気にせずに、気持ちをぶちまけるというシーンになっています。

このシーンや映画の序盤はクラシック音楽のような構成から最後に一変するというようなことから、恋というのは人を大きく変化させるものだというメッセージ性がこの映画に込められていると気がつきますよ。

普段は、冷静で取り乱さない人でも、心の底から好きな人ができて、その人に愛を告白するときはきっと取り乱すことでしょう。

取り乱すということをダメなことだと思っている人がいますが、きっとこの映画を見ることでその考えは変わりますよ。

好きな人に気持ちを伝えるときは、無理に自分を押し殺すのではなく、取り乱してでも好きという気持ちを伝えた方が良いという考えに変わりますよ。

言の葉の庭のまとめ

言の葉の庭は、46分という短い映画ですが、たくさんのメッセージが込められています。

この映画の序盤はまるでクラシック音楽を聞いているかのように、淡々と美しく物語が進んでいきます。

しかし、ラストパートにかけてとても激しくなってきます。この映画は、まるで芸術的な作品を見ているかのような感覚を味わうことができますよ。

特に、雨の描写には注目して見てみてください。きっと、この映画を見終わるとあなたは「雨の日」を願うようになりますよ。



【決定版】大人の恋愛がしたくなる!おすすめの恋愛映画25選

2019年9月1日