映画「リトル・フォレスト 夏・秋」感想。自然と向き合い自分を知る

映画リトル・フォレストは、社会に疲れてしまった女性(橋下愛)がぬれたシャツみたいな大気の田舎町(小森)で暮らす日々を描いている作品。

この映画には、メインシーンや感動のラストといったものはなく、これといって盛り上がるシーンはありませんが、終始優しさに溢れている作品です。

自然の中に身を置くことで、自分を知っていく主人公の心の描写と日本の四季を美しく感じられる内容となっています。

YUMANN
この記事では、リトル・フォレストの感想についてご紹介していきます。
リトル・フォレスト 夏・秋の基本情報
  • 監督 : 森淳一
  • 脚本 : 森淳一
  • 原作 : 五十嵐大介
  • 主題歌 : FLOWER FLOWER

出演者 : 「橋下愛」「三浦貴大」「松岡茉優」「温水洋一」「桐島かれん」

YUMANN
リトル・フォレスト夏・秋は、U-NEXTに登録すれば無料視聴することができます。31日間の無料登録期間中に、解約すれば料金は一切かかりません。

リトル・フォレスト 夏・秋のあらすじ

「海獣の子供」「魔女」などで知られる漫画家・五十嵐大介が、東北の小さな村を舞台に、旬の食材をいかした食事と自給自足の生活を通じて自分と向き合う若い女性の姿を描いた「リトル・フォレスト」を、橋本愛の主演で実写映画化。

四季を通じて描かれる全4部を「夏編・秋編」「冬編・春編」の2部にわけて劇場公開する。

一度は都会に出たものの、自分の居場所を見つけることができず、東北の山間の小さな村・小森に戻ってきたいち子。

スーパーやコンビニもない小森での暮らしは自給自足で、畑仕事をしたり、野や山で採れた季節のものを材料にして食事を作り、日々を過ごしている。

大自然はさまざまな恵みを与えてくれる一方、時には厳しさもみせるが、そんな自然に囲まれた生活の中で、いち子は一歩を踏み出す勇気を蓄えていく。

ーー公式サイトより抜粋

リトル・フォレスト 夏・秋の感想

リトル・フォレスト 夏・秋は、五十嵐大介のロングセラーコミックを実写映画化したもの。

日本の四季を作中に描くため、制作期間は1年間ととても力が入っている作品。

また、野村祐里を筆頭に「eatrip」がフード・ディレクションに入っているので、映画の中に出てくる食べ物が美味しそうなものばかりとなっています。

YUMANN
リトル・フォレストは、淡々と進んでいく物語ですが、とても魅力に溢れている作品ですよ。

自然体で生きることの美しさ

映画リトル・フォレストには、自然体で生きることって美しいんだ、素敵なんだと思えるシーンがたくさん含まれています。

主人公のいち子(橋本愛)は、肩肘張って生きないといけない社会に疲れてしまい、田舎町(小森)に移住します。

小森での生活は、お腹が空いたら何かを作って食べる。生きるために食べるものを作るという自給自足の生活を送ります。

小森では誰にも何も言われない、ましてや人目を気にすることがないので、感情や体の信号に正直になって生きます。

お腹が空いたらご飯を作る、それを食べる。人間なら誰しもが当たり前にしていること、その最も人間らしい行為(自然な行動)が、とても美しく幸せなことなんだと思える魅力が詰まっています。

ご飯を食べることを忘れてまで何かに没頭することや、頑張っていることを認めてもらうために食べることを我慢してまで何かを行うこと、それらは時としてとても大事なことなのかも知れません。

しかし、人間らしく生きること。自然体で生きること。そちらも蔑ろにしてはいけないな〜と思わせてくれる暖かさが含まれています。

変わりゆく自然と心境の変化

主人公のいち子は、壮大な自然の中で暮らすことで、自分という人間を知っていきます。

自分の性格や何を望んでいるのか、また自分のダメなところや好きなところなど、自分よりも大きなもの(自然)と対比することで、自分を知ることができるというメッセージが優しく含まれています。

リトル・フォレストでは、日本の美しく変わりゆく四季が描かれており、それと共に変化していくいち子の心境についても触れられています。

YUMANN
変わりゆく自然、暖かさを知っていくいち子の心境の変化はこの映画の見どころですよ。

田舎暮らしの魅力がたっぷり

映画リトル・フォレストでは、自然に囲まれて生活をしている様子(田舎暮らしの様子)が描かれています。

この映画観ると、きっと田舎暮らしっていいな〜という感想を持つはず。

田舎は都会のような便利さはありませんが、自分の存在の小ささを感じさせてくれるほどの豊かさ自然があります。

また街灯がないので、夜はまるで闇のように漆黒。朝は陽の光が幻想的という自然の美しさを田舎では体感することができます。

その他にも、都会では聞くことができない心地よい虫の鳴き声なども聞くことができる魅力があります。

田舎暮らしは自然の魅力を感じられるだけではなく、人の温かさにも触れることができます。

言葉では言い表せないほど圧倒的な自然、人の温かさを感じられる日本の田舎町。

YUMANN
この映画を観ると、田舎に遊びに行きたい。もしくは移住したいといった気分になること間違いなしですよ。

リトル・フォレスト 夏・秋のまとめ

リトル・フォレスト 夏・秋は、これといってメインシーンや感動のラストといった部分はありません。

しかし、自然の中で自分を知っていく主人公の姿、自分ってちっぽけだなと思えるほどの自然美から色々と考えさせてくれる作品となっています。

自然体で生きることの美しさを再確認させてくれ、田舎暮らしの魅力に圧倒させてくれるリトル・フォレスト 夏・秋。

この映画は、少し心に栄養が欲しいと思っている人にぴったりの作品となっています。


【決定版】大人の恋愛がしたくなる!おすすめの恋愛映画25選

2019年9月1日