映画「おとなの恋の測り方」感想ネタバレ解説。男の価値は何で決まるのか

映画おとなの恋の測り方は、ユーモアがあってお金持ちだけど身長が低い男性。仕事はできるけど男運がない女性の逆身長差カップルの恋を描いている物語です。

この映画は、どのような人にも恋するチャンスはあるという勇気を与えるような内容となっている社会派恋愛映画です。

気になる人はいるけど、周りの目が気になるという誰にでも起こりうる恋愛あるあるについてリアルに描いている作品ですので、恋している人にはぴったりの映画です。

YUMANN
この記事では、おとなの恋の測り方のネタバレ感想、解説をご紹介していきます。
おとなの恋の測り方の基本情報
  • 監督 : 「ローラン・ティラール」
  • 脚本 : 「ローラン・ティラール」「グレゴワール・ヴィニュロン」
  • キャスト : 「ジャン・デュジャルダン」「ヴィルジニー・エフィラ」「セドリック・カーン」「ステファニー・パパニアン」「セザール・ドムボーイ」「エドモンド・フランキ」「ブルーノ・ゴミラ」「カミール・ダムール」etc…
YUMANN
おとなの恋の測り方は、U-NEXTに登録すれば無料視聴することができます。31日間の無料登録期間中に、解約すれば料金は一切かかりません。

おとなの恋の測り方のあらすじ

敏腕弁護士のディアーヌは、女たらしの夫と3年前に離婚。

だが仕事のパートナーでもある彼とは毎日オフィスで顔を突き合わせるため、口論が絶えない。

今日もむしゃくしゃする気持ちで帰宅した彼女のもとに、一本の電話が入る。

相手の名はアレクサンドル。ディアーヌがレストランに忘れた携帯を拾ったので、渡したいという。

彼の知的でユーモラスな口調に気分も一変、ほのかなときめきを覚えたディアーヌは、さっそく翌日彼と会うことに。

久々にドレスアップをして、期待に胸を膨らませて待っていた彼女の前に現れたのはしかし、自分よりもずっと身長の低い男性だった。

当てがはずれたディアーヌは早めに切り上げようとするが、茶目っ気たっぷりのアレクサンドルの話術にいつのまにか魅了されていく。

リッチで知的で才能あふれる建築家の彼は、そんな彼女にいままで経験したことのないエキサイティングな体験をプレゼントしたいと申し出て、飛行場に案内する。

あっけにとられる彼女の手を引き、セスナから一緒に空中ダイビングを試みる。

絶叫の瞬間の後に訪れる高揚に、胸を弾ませるディアーヌ。すっかり意気投合した彼らは、次のデートを約束して別れる。

こうしてふたりの距離は急速に縮まっていったが、周囲の反応は穏やかではなかった。

ディアーヌにいまだ心惹かれている夫は、相手が背の低い男と知ってショックを受け、アレクサンドルを侮辱する。

ディアーヌの母親は、社会的体裁を気にして反対する。そんなムードにディアーヌ自身の心も揺れ始める。

自分は周りの目を気にすることなく、この人とつきあって行けるのだろうか。

アレクサンドルと本当に心を分かち合えることができるのか。

そんな彼女の気持ちを敏感に察知して、アレクサンドルは尋ねる。「僕たちまだ続けられるかな」。

彼の複雑な気持ちを垣間見て、ディアーヌの心はますます彼への思いと不安のあいだで引き裂かれて行く―。

全ての女性にとって永遠のテーマである「オトコの価値は何で決まる?」という問いに、彼女が出した答えとは?他人の視線や先入観に左右されがちな人間の心理を見つめさせるような普遍的なテーマも秘めた、ロマンティックで楽しいフレンチ・ラブストーリーが誕生!

ーー公式HPより抜粋

おとなの恋のネタバレ感想

おとなの恋の測り方は、誰もが憧れてしまうような美しい恋を描いているのではなく、見ている人に恋をしてみようと勇気を与える作品となっています。

社会的に意味のある作品となっていますので、その点も見どころですよ。

YUMANN
ここからは、おとなの恋の見どころの感想とネタバレ解説をご紹介していきます。

主人公アレクサンドルの心の強さを感じてほしい

映画おとなの恋の測り方の最も魅力的なポイントは、主人公アレクサンドルの心の強さです。

アレクサンドルはユーモアがあって、頭がキレる。また、会社の社長でお金持ち、息子からも尊敬されているという理想の男性像に近い存在。

しかし、アレクサンドルは生まれつき身長がとても低いという特徴があり、周りからバカにされてしまうことが多々あります。

そのような場面で、アレクサンドルは怒りをあらわにするのではなく、怒りを笑いに変えてしまいます。

映画を見ていると、アレクサンドルは心がとても強い男性だなと自然と感じるでしょう。

そして、男性の魅力は見た目ではなく心の強さだと感じることができます。アレクサンドルの言動や行動から、努力さえすればどのような人でも恋するチャンスはあると思わされます。

また、恋だけではなく人生において不可能なことはないと感じることができますよ。

YUMANN
全ては自分次第だと思わせてくれるアレクサンドルの心の強さに注目して、見てみるのがおすすめ。

恋のあるあるが詰まっている

この映画には、恋のあるあるが詰まっています。

主人公のアレクサンドルの恋人役のディアーヌは、アレクサンドルのことが気になっていたのですが、自分の中で好きという気持ちが高ぶるのをストップさせていました。

それは、気になるけど周りの目を気にしてしまい好きになってはいけないと思っていたからです。

恋愛において、好きだけど周りの目を気にしてしまい、好きじゃないフリをしてしまっているという人が多くいるのではないでしょうか。

そんな人には、是非この映画「おとなの恋の測り方」を見て欲しいです。

きっと、何よりも大事なのは自分の気持ちに素直になることだと理解できるでしょう。

YUMANN
周りの目を気にするなと言われても、そう簡単なことではないと思いますが、この映画を見ることで少し勇気が湧いてくることは間違いありませんよ。

心にグサッとくる名言が含まれている

アレクサンドルの恋人役のディアーヌが、自分の両親にアレクサンドルを紹介すると、母親がひどく動揺します。

ディアーヌの母親は耳に障害を持っている男性と結婚しているにも関わらず、アレクサンドルの身長に対して偏見を持ってしまいます。

その時に、ディアーヌが母親に対してこのようなセリフを言います。

「障害はあなたの心の中にある」

このセリフはまさに名言だと思います。心や体に何か人と違った特徴を持っている人に対して、差別や偏見を持ってしまうのは自分の心が関係しているとディアーヌのセリフから痛感させられます。

YUMANN
ディアーヌの名言から、人をどのように見るのかは自分の心次第だなと感じることができますよ。

おとなの恋の測り方のまとめ

おとなの恋の測り方は、逆身長差カップルの恋を描いている少し不思議な作品。

この映画を見ると、男の価値は見た目ではなく心の強さが関係していると気付かされますよ。

また、人をどのように見るかは全て自分次第だと痛感させられるでしょう。

おとなの恋の測り方はラブコメを楽しめて、自分の中の価値観にもいい意味で影響を与えてくれます。

まだ、この映画を見ていないという人は是非チェックしてみて下さいね。きっと、プラスの方向に影響を与えてくれますよ。


【決定版】大人の恋愛がしたくなる!おすすめの恋愛映画25選

2019年9月1日