映画「パッチ・アダムス」のあらすじと感想。無料視聴方法までご紹介

映画パッチ・アダムスは、実在していた人物パッチ・アダムスの人生を描いたヒューマン・ドラマです。

この映画は、医療にとって大切なことは何なのか?病気と闘う上で、最も大切なことは何なのか?ということについて描かれており、医療に携わっている人のバイブル的な映画ともなっています。

この記事では、パッチ・アダムスのあらすじと感想、無料視聴方法についてご紹介していきます。

医療とは何か?について考えさせられる作品となっていますよ。

パッチ・アダムスの基本情報
  • 監督 : トム・シャドヤック
  • キャスト : 「ロビン・ウィリアムズ」「ダニエル・ロンドン」「モニカ・ポッター」「フィリップ・シーモア・ホフマン」「ボブ・ガントン」「ジョセフ・ソマー」「イルマ・P・ホール」
YUMANN
パッチアダムスは、amazon prime videoに登録すれば無料視聴することができます。30日間の無料登録期間中に、解約すれば料金は一切かかりません。

【パッチ・アダムスの無料視聴する↓↓↓】

パッチ・アダムスのあらすじ


主人公のパッチ・アダムスは、精神的に病んでおり、自殺癖があったため、精神病院に送られてしまいました。精神病院の医者は、患者に対してとても冷たく接しており、患者は病院で癒されるということはありませんでした。

パッチ・アダムスも同様に、医者に対して嫌悪感を抱いていました。そんなある日、リスの幻覚が見えるルディ、天才がゆえに精神病院に送られてしまったアーサーと出会います。

パッチ・アダムスは、ルディとアーサーに寄り添い、二人の病を治すことに成功します。この体験で、パッチ・アダムスは人の病を治すことは、自分を癒すことでもあるということを知ります。

そして、自主的に病を治すことに成功します。精神病院を退院してからは、医者を志し、偉大に進学することを決意します。

2年後、パッチ・アダムスは、医大の名門ヴァージニア医科大学に入学することに成功します。医大に入ったパッチ・アダムスは、学部長や周りの人間から、「病を治すのは、人ではなく医者だ」という考え方を教えられますが、納得がいきませんでした。

パッチ・アダムスは、早く病気で苦しんでいる患者さんを救いたい、また元気付けたいという気持ちから、3年生のふりをして付属病院での実習に潜入します。

周りの医者や看護師は、患者さんの名前を気にするのではなく病名ばかりを気にしていました。

そんな中、パッチ・アダムスは患者さんに寄り添い、浣腸用の赤いボールを鼻につけたりして、病に苦しんでいる人たちを笑わせて喜ばせていました。

そんな活動を続けていたパッチ・アダムスでしたが、3年生でもないのに実習に加わっていることがバレてしまい、退校処分を言い渡されてしまいます。

しかし、納得ができなかったパッチ・アダムスは、直談判の末に、処分を取り消してもらうことができました。

病院の高額な医療費、医者や看護師が患者に対する姿勢などに、嫌気がさしていたパッチ・アダムスはあるアイデアを思いつきます。

そのアイデアは、無料の診療所を開くということでした。パッチ・アダムスは、無料の診療所を開く際に、精神病院で一緒だったアーサーに土地を無料で借りることに成功します。

そして、仲間を集めて無料の診療所を開きました。無料ということもあり、困っている人が診療所に集まってきました。

パッチ・アダムスや仲間は、患者に寄り添って必死に対応していました。そんなとき、自殺行為を何度も繰り返しているカリーという青年が現れました。

パッチ・アダムスの恋人のカリンは、カリーに対して危険を感じましたが、パッチ・アダムスの誰にでも平等に接する姿勢に共感して、カリンはカリーの精神的な手当てを行うことにしました。

ある日、カリーからのSOSに対して、カリンはカリーの家に一人で向かいます。精神的に不安定だったカリーはカリンを殺害してしまいます。

そのあと、カリーは自殺するという最悪な結末の事件が発生してしまいます。この事件にひどくショックを受けたパッチ・アダムスは、医者を志すのをやめてしまいます。

しかし、カリンとの思い出に突き動かされ、また医者の道を歩みだします。しかし、パッチ・アダムスは度重なる校則違反によって、退学処分を言い渡されます。

パッチ・アダムスは、審議会に出席したとき、「自分なりの医者とは何か?医療とは何か?」という考えについて熱弁します。

最後には、多くの人がパッチ・アダムスに拍手を送るという結末です。

【パッチ・アダムスの無料視聴する↓↓↓】

パッチ・アダムスの感想

パッチ・アダムスは、医療で最も大事なことについて教えてくれる作品です。この映画を見ることで、どのようにして生きると幸せになるのかということについて知ることができますよ。

YUMANN
個人的なパッチ・アダムスの感想についてご紹介していきます。是非、参考にしてください。

信念を貫くことの大切さが描かれている

主人公のパッチ・アダムスは、自身の経験から「死を先延ばすのではなく、生を充実したものにするべき」という信念を持っていました。

そのため、患者さんの死ぬまでにしたいと思っている願望を叶えるためにたくさんの無茶をします。例えば、患者さんが「パスタのお風呂に入りたい」というと、それを準備したりしました。

パスタのお風呂に入った患者さんはパスタのお風呂に入っている自分がバカらしくて、でもなんだか嬉しくて、大爆笑しました。

その結果、どんな治療を施しても一向に良くならなかった患者さんが元気になりました。パッチ・アダムスの行動は、医学に携わっている人たちからは、否定されていました。

しかし、パッチ・アダムスは自分の信念を曲げずに、ずっと貫いていました。その結果、最後には最も素晴らしい医者として、全世界に知られるようになりました。

この映画を見ることで、いかに信念を持ってそれを曲げずに貫くことが大切なのかを知ることができますよ。

生の質を高めるのは「笑い」だと知れる

病気になっている人に対して、医者は現代医学を用いて最適な医療を施します。その結果、容態が良くなるケース、また現代医学を用いても容態が良くならないケースがあります。

例えば、何らかの病気によって末期レベルの患者さんの場合は、辛くて苦しい治療をすることよりも、みんなと一緒に笑いあったり、自分のしたいことをして心から笑うことの方が、よっぽど効果的な治療になるとこの映画を見ることが感じることができます。

人間とは不思議な生き物で、日々がつまらない・辛いと感じていると、体と心が元気ではなくなっていきます。

逆に、毎日笑っていたり、楽しんでいると、活力が湧いてくるようになっています。主人公のパッチ・アダムスは、患者さんに寄り添い、必死に患者さんを笑わせるためにいろんな工夫をします。

その結果、多くの末期症状の患者さんが生への喜びを痛感します。

YUMANN
この映画は、生の質を高めるということがいかに大事なのかということについて気がつかせてくれる名作ですよ。

ロビン・ウィルアムスの圧巻の演技に注目!

この映画は、今はなきロビン・ウィリアムスが主演となっている作品です。

ロビン・ウィリアムスの演技力が光っている作品ですので、ロビン・ウィリアムスのファンの人にとっては堪らない映画ですよ。

特に、患者さんを喜ばせるために、おどけているシーンなどの演技力は、とてもつもないですよ。

パッチ・アダムスのまとめ

この映画は、自殺癖があったパッチ・アダムスが、患者さんとの出会いをきっかけに医者を志し、笑いによって生の質を高めるという信念に元づいて、多くの人を救っていくというヒューマン・ドラマです。

この映画を見ることで、生の質を高めることがいかに大事なのかについて考えさせられます。

また、誰かと笑い合うことが人生において、とても重要なことであると気付かされますよ。この映画は、医学に携わっている人はもちろんですが、最近少し元気がないという人にもオススメの映画です。

パッチ・アダムスを見ることで、昨日よりも笑える今日がやってくること間違いなしですよ。

【パッチ・アダムスの無料視聴する↓↓↓】

【決定版】大人の恋愛がしたくなる!おすすめの恋愛映画25選

2019年9月1日