映画「幸せのひとりぼっち」あらすじと感想。無料視聴方法までご紹介

幸せのひとりぼっちは、スウェーデンで大ヒットした作品です。スウェーデンの5人に1人がこの作品を見るために、映画館へ足を運んだレベルの作品です。

幸せのひとりぼっちは、いつかどんな人にも訪れる老後について感動的に描かれています。この記事では、幸せのひとりぼっちのあらすじと感想をご紹介していきます。

YUMANN
幸せのひとりぼっちは、amazon primeの無料会員になれば完全無料で視聴することができます。30日間の無料登録期間中に、解約すれば料金は一切かかりませんよ。

【幸せのひとりぼっちを無料で観る↓↓↓】

幸せのひとりぼっちのあらすじ

愛する妻を亡くしてから、孤独に1人で暮らしていた老人オーヴェ。オーヴェは、気難しい性格の持ち主で、近所の人に対して口うるさくいつも注意していました。

また、近所の人から助けを求められても、一切答えることがありませんでした。そんなオーヴェは、ある日長年勤めていた会社をクビになってしまいます。そして、オーヴェは自分の生きる意味を見出すことができず、自殺しようとします。

天井に紐をくくり付けて、いざ自殺しようとすると、新しく引っ越してきたペルシャ人の夫婦が外で騒いでおり、それに気をとられてしまい、自殺することを中断しました。

また、何度かオーヴェは、自殺しようしますが、その度にタイミングよくペルシャ人の隣人に邪魔されてしまいます。オーヴェは、いつの間にかペルシャ人の隣人の生活に巻き込まれていきます。

ある日は、子供の面倒をみることに、そしてある日はペルシャ人のドライバーの練習に付き合わせることに。オーヴェは、ペルシャ人の隣人と出会ってから、徐々に人と繋がることの魅力を再認識していきます。

オーヴェは、自分のことを話さないタイプの性格だったのですが、徐々に心をひらいていき、ペルシャ人に妻との思い出を語るようになってきます。

オーヴェは、ペルシャ人の隣人だけではなく、その他の隣人とも仲良くなっていき楽しい日々を過ごせるようになってきます。そんな時、オーヴェの親友ルネ(隣人)が、介護施設の職員によって、無理やり連れていかれるという状況になってしまいました。

人と繋がることの良さを再認識する前のオーヴェなら、自分は関係ないと無視していましたが、この時のオーヴェは違いました。オーヴェは、親友のルネを助けるために隣人と共に行動に出ます…。

【幸せのひとりぼっちを無料で観る↓↓↓】

幸せのひとりぼっちの感想

幸せのひとりぼっちは、見ている人の心を温かくすることができる作品です。この映画は、スウェーデンで大ヒットしているだけあって、とても見応えがある作品となっています。

個人的な幸せのひとりぼっちの感想をご紹介していきます。是非、参考にしてください。

オーヴェの不器用な愛にきっと涙する

映画の主人公オーヴェは、気難しい性格かつ自分を表現することが苦手なタイプです。そんなオーヴェが始めて恋したのがソーニャ(後に妻になる人)でした。

オーヴェは、自分を表現するのがとても苦手だったので、ソーニャに愛を伝えたくても上手に伝えることができませんでした。

ですが、オーヴェの愛の伝え方は不器用だけど、とても魅力的です。具体的には、ソーニャに会うために毎日同じ時間に電車に乗る。

ソーニャにお腹いっぱい美味しいものをレストランで食べてもらうために、自分はご飯を済ませてスープだけ頼むなどです。

個人的に、ソーニャのためにスープしか飲まないオーヴェの不器用な愛に感動して涙しました。

人と繋がることによって幸せを感じられる

オーヴェは妻がいなくなってから、生きる希望を失っていました。この世には楽しいことはないと日々感じており、何度も自殺を試みます。

しかし、近所の人たちに運良く邪魔されてしまい、自殺するタイミングがなくなっていきます。また、近隣の人たちに無理やり関わりを持たれて、オーヴェは最初イラつきます。しかし、徐々に人と繋がることの幸せを感じていきます。

そして、最終的には人と繋がることによって幸せが得られることに気がつき、周りに対して貢献するようになります。その結果、オーヴェの死後、オーヴェを慕う人たちがたくさん葬式に参列します。

また、オーヴェの死後もオーヴェの日課だった近隣の見回りが近隣の人たちによって継続されます。

この映画を見ることで、1人で強がって生きていくよりも周りの人たちの存在に感謝して、生きていくと幸せになれると気がつきますよ。

また、この映画を見終わると、人っていいなと思うことができます。

異文化を感じることができる

幸せのひとりぼっちを見ることで、異文化を感じることができます。例えば、日本だと暮石の前に添えるお花は、仏花という菊などのお花がほとんどです。

しかし、海外だとお祝いなどにプレゼントするお花を暮石の前に添えたりします。ちなみに、この映画の主人公オーヴェは、妻ソーニャの暮石の前にバラの花を添えています。

この映画を見ることで、日本の当たり前は違う国では非常識になることもありえるということを考えたり、感じたりすることができますよ。

幸せのひとりぼっちのまとめ

幸せのひとりぼっちを見ることで、人と繋がることの大切さを感じることができます。また、異文化を感じることができますよ。

この映画に触れることで、心がとても暖かくなりますので、とてもおすすめの映画です。どんな人にも訪れる老後について描いているので、自分の将来像と重ね合わせてみることができますよ。

【幸せのひとりぼっちを無料で観る↓↓↓】

【決定版】大人の恋愛がしたくなる!おすすめの恋愛映画25選

2019年9月1日