映画「天気の子」あらすじとネタバレ感想。新海誠の覚悟が詰まっている作品。

君の名で大ヒットを叩き出した、監督「新海誠」の最新作「天気の子」。

天気の子は、ファンタジー的な要素とリアリティーが融合されており、現代への挑戦状とも受け取れる作品となっています。

この映画は、前作と同様に美しい雨や光などの映像描写、エモいフレーズ、男の子が憧れるような女性像などが描かれていて、見ている人の気持ちを虜にすることを間違いなしの作品です。

この記事では、天気の子のあらすじと見どころをご紹介していきます。また、ネタバレ要素が含まれています。

YUMANN
個人的には、「君の名は」超えの作品だと思いますよ!
天気の子の基本情報
  • 監督 : 「新海誠」
  • 脚本 : 「新海誠」
  • 原作 : 「新海誠」
  • 主題歌・挿入歌「RADWINPS」「三浦透子」
  • 出演者 : 「醍醐虎汰朗」「森七奈」「吉柳咲良」「平泉成」「梶裕貴」「倍賞千恵子」「小栗旬」

【他の新海誠作品を無料で観る↓↓↓】

天気のあらすじ

「あの光の中に、行ってみたかった」

高1の夏。離島から家出し、東京にやってきた帆高。

しかし生活はすぐに困窮し、孤独な日々の果てにようやく見つけた仕事は、怪しげなオカルト雑誌のライター業だった。

彼のこれからを示唆するかのように、連日降り続ける雨。そんな中、雑踏ひしめく都会の片隅で、帆高は一人の少女に出会う。

ある事情を抱え、弟とふたりで明るくたくましく暮らす少女・陽菜。彼女には、不思議な能力があった。

「ねぇ、今から晴れるよ」

少しずつ雨が止み、美しく光り出す街並み。

それは祈るだけで、空を晴れに出来る力だった――。

引用 : https://filmarks.com

天気の子に登場するキャラクター

天気の子では、個性豊かなキャラクターが描かれています。この映画を楽しむためには、キャラクターの特徴をおさえるのがおすすめですよ。

東京に来た家出少年。帆高

田舎町に嫌気をさして、東京へ家出してきた少年保高。

東京に来た頃は、周りが全て敵に見えていたが、編集プロダクションの須賀の元で働くことによって、東京も悪くない街だと感じるようになる。

世界の秘密を知る少女。陽菜

世界の秘密そのものみたいな女性。祈るだけで、雨が降り止まない東京を晴れされることができる。

性格は、人前では強く見せているけど、本当は弱い部分をたくさん抱えているタイプ。

編集プロダクションの代表。須賀

過去にトラウマを抱えている男性。帆高に昔の自分が重なる部分を感じて、住み込みで働くことを許可している。

勇気の使い方を知らない大人のタイプ。

プロダクションで働く女子大生。夏美

自由気ままな性格。自分が信じていることを真っ直ぐに貫くことができる強さを持っている女性。

社会に馴染むのが苦手なタイプ。

事件を追っているデカ。安井

飲み屋さんで、独り言を言っていそうな男性。

デカというイメージをそのまま人にするとこうなったというタイプ。

安井の相棒。高井

リーゼントのデカ。現代風の雰囲気が漂う天気の子の作品の中で、変な気持ち悪さを感じるルックスをしている。

ただ、言葉遣いや雰囲気はとても真面目。

陽菜の弟。凪

母親が亡くなってから、お姉ちゃん(陽菜)に迷惑をかけていると思い込んでいる。

年齢の割にとても大人っぽい性格の持ち主。

天気の子の感想

天気の子は、圧倒的な映像美が楽しめる作品となっています。また映像だけではなく、雨や街の音なども上手に表現されています。

天気の子は、人々が普段感じているけど言葉にできない空気みたいな感情や思いを上手に描いてくれています。

この映画は、見どころしかない作品となっていますよ。

新海誠の覚悟が感じられる作品

天気の子は、君の名はの次の作品というころもあり、数多くの人から注目されていました。

新海誠は、自ら天気の子に対して、「多くの人々の価値観が対立するような映画を作りたい」と語っており、無難な映画ではなく大ヒット後に相応しい作品として、天気の子を世に出しました。

この作品は、現代のアニメ映画市場への挑戦状といっても過言ではないほど、新海誠の覚悟が感じられる作品となっています。

まず、2000年以降ファンタジー要素の含まれているアニメ映画は、ヒットすることが難しいと言われ続けてきました。その背景としては、若者の価値観が変わっていることが関係しています。

昔は、モノが溢れていない時代でした。そのため、みんな「家、車、高価なアクセサリー、贅沢な食事」などに憧れていました。

しかし、最近の若者と言われている年代の人々は、物理的なモノではなく精神的な充実を求めるようになってきています。

それは、モノが溢れているので、モノに価値を感じることができず、精神的な充実を求める傾向があります。例えば、ヨガ、筋トレ、習い事などの市場が大きくなっているのは、精神的な充実感を求めている人が増えてきていることが関係しているでしょう。

精神的な充実を求める世代にとって、ファンタジーアニメ作品は、現実感がなく自分の価値観とは合わないと思ってしまう危険性があります。

そのため、ジブリなどの圧倒的なブラディングに成功している映画制作会社以外は、ここ最近ファンタジー的な世界観が強い作品を作るのは避けている傾向にあるなと感じていました。

しかし、この「天気の子」はこれぞファンタジーアニメ映画の真骨頂と言える作品となっています。

天気の子は、ファンタジーアニメ映画にも関わらず、多くの人を感動の渦に巻き込んでいます。

新海誠は、天気の子に登場するキャラクターの表情や行動、またリアリティーがある映像描写、美しすぎる音などを上手に用いて、ファンタジーだけどリアリティーがあるという映画作品を作り上げました。

この映画を見ることで、新海誠は、ファンタジーアニメ映画でもヒットを出すことができる。アニメ映画の真骨頂といえば、ファンタジーだろ!という強いメッセージ性をこの映画に込めていると感じとることができますよ。

YUMANN
この映画は、新海誠の意思表示作品でもあり、覚悟が伝わってくる作品となっていますよ。天気の子を見て、新海誠がこの映画に込めているメッセージを体感してみてください。

【他の新海誠作品を無料で観る↓↓↓】

キリトル世界のセンスが良すぎる

新海誠の手がける作品は、キリトル世界のセンスがとても良いですが、この作品は特にセンスが光っています。

主人公の帆高が東京へ家出してくるのですが、東京とはどのような街なのかということについて、動きのある絵だけで表現しています。例を挙げると以下になります。

キリトッテいる東京の絵
  • 忙しなく動いている人の縦列が目立つ交差点
  • 困っている人を横目に通り過ぎる酔っ払いのサラリーマン
  • 深夜のマクドナルドに行く当てを失っている若者がスマホ片手にたむろしているシーン
  • 女性でお金を稼ごうとしている汚れている大人
  • 深夜でも明かりが消えない街

などなど天気の子の舞台がどこなのかを説明しなくても、東京であるということを新海誠がキリトっている東京の情景から感じ取ることができます。

また、人物描写に関しては、美しいさや優しさだけではなく、人間の腹黒さについてもリアルに描かれています。

この作品では、新海誠がキリトッテいるバラバラの複数の動く絵が、まるでどのピースも欠けてはいけない大切なピースのように、完成度の高い大きな一枚の絵になっていると感じることができます。

YUMANN
この映画に触れると、こんなにも世界を上手にキリトルことができる人がいるのだなと感じることができ、脱帽すること間違いなしでしょう。

圧倒的な映像美・エモいフレーズを堪能できる

大ヒット作品「君の名は」から、約3年の月日を経て世に繰り出された作品「天気の子」。この映画は、前作の「君の名は」の美しい映像美をはるかに凌駕している作品となっています。

雨や光、都会の情景などは美しいという言葉では言い表せないほど、圧巻の映像美を誇っています。

作中で描かれている「空の魚」という物体に関しては、触れた感触まで伝わってくるかのような映像クオリティーとなっています。

天気の子は、美しい映像を楽しむという目的だけでも十分に楽しむことができますよ。また、映像美だけではなくエモいフレーズも盛りだくさんです。

エモいフレーズ一覧
  • 神様、お願いです。これ以上僕達に何も足さず、僕達から何も引かないでください。
    (雨宿りをしている時、主人公の帆高が心に思った言葉)
  • 僕の16年の人生で間違いなくダントツで一番美味しい夕食だった。(みんなで食事をしているシーン)
  • 人間年取るとさあ、大事なものの順番を入れ替えられなくなるんだよな。
    (須賀の名言)
  • 人柱一人で狂った天気が元に戻るんなら、俺は大歓迎。
    (須賀の人間の腹黒さを感じるとることができるフレーズ
  • これは僕と彼女だけが知っている、世界の秘密についても物語だ
    (天気の子のキャッチフレーズ)
  • 天気って不思議だ。ただの空模様に、こんなにも気持ちを動かされる
    (帆高が、自分の気持ちと空模様を重ねて思った言葉)
  • 世界なんてさーどうせもともと狂ってんだから
    (須賀の名言)
YUMANN
天気の子には、心にグサッと突き刺さるエモいフレーズ。また、名言がたくさん含まれていますよ。

天気の子のために作られた挿入歌が良すぎる

天気の子には、全5曲の映画とマッチしている曲が挿入されています。

天気の子の挿入曲
  1. 愛にできることはまだあるかい(RADWINPS)
  2. グランドエスケープ(Movie edit) feat.三浦透子
  3. 風たちの声(RADWINPS)
  4. 祝祭(三浦透子)
  5. 大丈夫(RADWINPS)

天気の子に挿入されている曲は、この映画のために作られた曲です。そのため、映画とのマッチング具合がすごいです。

挿入歌と映像がマッチングしているシーンを見ると、感動すること間違いなしですよ。映画館で天気の子を見ると、挿入歌が流れるシーンだけ音量が大きくなります。

そこにも注目してみると面白いですよ。

伏線にも注目すべき

この映画には、映画の面白さをグッとあげる伏線シーンが含まれています。伏線になってくるシーンは以下になります。

占い師の言葉

主人公の帆高と夏美がヘンテコな占い師に「晴れ女」について話を聞いているシーンが映画には登場します。

ネタバレになりますが、このシーンは取材を頑張っている二人という単純なシーンではありません。

占い師の言葉「晴れ女の特徴は、稲荷系の自然霊が憑いている。気の弱いところもあるので、リーダーには向いていない。」この言葉から、登場人物の中で最も当てはまっているのは、陽奈ということが分かるようになっています。

また、「自然を左右する行為には、必ず重い代償が伴います」という占い師の言葉から、映画のラストシーンがどのようになるのかの伏線回収となっています。

須賀の不自然な行動

天気の子を見た人は、須賀の不自然な行動や言動が気になったという人がいるのではないでしょうか。

須賀の不自然なシーン
  • 帆高が自分と似ていてほっとけなかったと発言する。
  • 奥さんが亡くなっている真相について触れられていない。
  • 須賀が結婚指輪に触れているシーンが数多く描かれている。
  • 刑事、安井の発言で不自然に涙を流してしまう。
  • 人柱一人で狂った天気が元に戻るんなら、俺は大歓迎。という自分を正当化するような発言をする。
  • 妻の母に会っている時、最近はなんだか雨ばっかりだねと言われる。
  • 須賀の子供は喘息持ちなので、晴れの日しか外で遊ぶことができない。
  • 帆高が陽奈に必死に会いに行こうとすると、大人になれよ!と変に現実的な発言をしていた。

須賀の不自然なシーンから、もしかしたら須賀の奥さんは陽奈と一緒で、人柱だったのではないか?と推測することができます。

須賀の不自然な行動や言動は、過去の自分を正当化したいが為であると考えると、辻褄があうようになっています。

見ている人に、「ああではないか、こうではないか」と考えさせる余白を作っている天気の子は、さすがとしか言いようがいないですよ。

賛否両論が分かれるラストシーン

世界を大きく変えてしまった二人は、バラバラになってしまい3年の月日が経ちました。

二人は3年間という月日が流れても、世界を変えてしまったことへの罪悪感を感じていました。

主人公の帆高は、「あの夏、あの空の上で、僕は選んだんだ。青空よりも陽奈さんを。大勢のしあわせよりも陽奈さんの命を選んでしまった」と反省と仕方なかったという二つの気持ちが行き来している状態でした。

そんな帆高でしたが、3年ぶりに陽奈さんに再会します。雨が降り止まない東京で、以前のように晴れを願っている陽奈さんと再会した帆高は、陽奈さんに対して、こう言います。

「陽奈さん、僕たちは、大丈夫だ!」

これでこの映画は終了となります。この「大丈夫だ」で終わることによって、見ている人に変な違和感を与えるような仕組みとなっています。

新海誠は、この大丈夫だという終わり方について、朝日新聞でのコラムでこう語っています。

「激しすぎる、まぶしすぎる、痛すぎる若い感情を物語のエンジンにして、10代や20代の観客に「これは自分たちの映画だ」と思えるものを届けたい。世界はこんなになってしまった。でも、何の根拠も保証もないけど「大丈夫だ!」と若者には言って欲しい。僕もそれを聞きたい。そんな思いを込めました」

YUMANN
天気の子のラストシーンは、賛否両論が分かれるようになっており、新海誠の思いが最もこもっているシーンとなっています。

天気の子のまとめ

君の名から約3年の月日が経ってから、公開された映画「天気の子」。この映画には、新海誠の覚悟が詰まっています。

ファンタジー映画というジャンルへの挑戦、慎重さも遠慮も、調和も一切気にせずに、自分の気持ちを全力で使い切る少年少女を描くという革命的な攻め方。

この映画は、賛否両論が分かれること間違いなしですが、それこそが新海誠が望んでいる見る側の結末となっています。

梅雨のおかげで、晴れ間を探す日々が続いている今の季節にぴったりの映画となっています。天気の子を見ると、いい意味でも悪い意味でも価値観を揺さぶられること間違いなしですので、是非みてみてくださいね。

【他の新海誠作品を無料で観る↓↓↓】

【決定版】大人の恋愛がしたくなる!おすすめの恋愛映画25選

2019年9月1日