映画「ヴィンセントが教えてくれたこと」あらすじと感想。無料視聴方法までご紹介

映画ヴィンセントが教えてくれたことは、不良のジジイといじめられっ子の少年がひょんなきっかけから、最高の相棒になるという物語です。

ヴィンセント(不良のじじい)との出会いをきっかけに、いじめられっ子の少年が成長していく姿は必見ですよ。

この記事では、ヴィンセントが教えてくれたことのあらすじと感想、無料視聴方法についてご紹介していきます。

ヴィンセントが教えてくれたことの基本情報
  • 監督「セオドア・メルフィ」
  • キャスト「ビル・マーレイ」「メリッサ・マッカーシー」「ジェイデン・リーバハー」「ナオミ・ワッツ」「クリス・オダウド」etc…
YUMANN
ヴィンセントは、amazon prime videoに登録すれば無料視聴することができます。30日間の無料登録期間中に、解約すれば料金は一切かかりません。

【ヴィンセントが教えてくれたことを無料視聴する↓↓↓】

ヴィンセントが教えてくれたことのあらすじ

ギャンブルにお酒、また女性が大好きなヴィンセントは、近所の人から変わったおじさんと思われていました。

ヴィンセントは、飼っているネコのフィリックスにしか心を開いておらず、近隣の人とよく言い争いになっている不良のジジイ。

ある日、ヴィンセントが銀行に行くと、貯金が一切なくなり途方に暮れていました。そんな時、隣にいじめられっ子のオリバー(12歳)が引っ越してきました。

オリバーは母親が仕事をしている間、ヴィンセントに預けられることに。ヴィンセントは、ベビーシッター代が欲しかっただけだったので、オリバーの面倒を見るのではなく好き勝手していました。

オリバーを連れて、バーに行ったり、競馬に行ったりしていました。ヴィンセントとオリバーは、一緒に時間を共有することが多くなり、徐々にお互いの距離感が詰まっていきます。

そんなある日、ヴィンセントがオリバーを迎えに行ったとき、オリバーは学校のいじめっ子たちからリンチされていました。

それをヴィンセントがすかさず救い出しました。そして、オリバーに喧嘩の仕方を叩き込みます。

ヴィンセントは近隣の人から嫌われていましたが、オリバーだけはヴィンセントが本当はとてもいい人だと理解しており、ヴィンセントのことを慕っていました。

また、ヴィンセントは人生に空虚感を抱いていましたが、オリバーとの出会いで空虚感が徐々に薄れていました。ある日、ヴィンセントが日頃の不健康の生活の影響で、倒れてしまいます。

オリバーが病院に駆け付けると、弱り切ったヴィンセントの姿がそこにはありました。ヴィンセントは、命には別状がなかったものの、車椅子生活になってしまいました。

嫌々ながらヴィンセントは、必死にリハビリ生活を始めます。時を同じくして、オリバーは学校で「周りにいる聖人について発表する」という課題が出されました。

オリバーは、聖人についての発表をヴィンセントのことについて発表することを決意します。そして、オリバーはヴィンセントの過去について調べていきます。

ここからは、感動のラストスパートが続きます…。
【ヴィンセントが教えてくれたことを無料視聴する↓↓↓】

ヴィンセントが教えてくれたことの感想

この映画で描かれているヴィンセントは、ただの不良ジジイです。日本でいうところの、ワンカップを片手に最近の若い奴は〜と呑んだくれているジジイあたりです。

しかし、ヴィンセントは呑んだくれでダラシない人物ですが、人生において大事なことをオリバーに教えています。

ヴィンセントが教える人生において大事なことは、きっとどの人の心にも響く内容ですよ。

YUMANN
個人的なヴィンセントが教えてくれたことの感想をご紹介していきます。是非、参考にしてください。

欠点ばかりに注目して人を判断してはいけないと教えてくれる

映画の中に登場するヴィンセントは、女好きだし、ギャンブル好き、また心をなかなか開かない気難しい人物です。

しかし、自分の好きな人に対しては全力で向き合って愛するといういい面があります。この映画を見ることで、誰にでも欠点を抱えているということが理解できますよ。

また、欠点だけではなく誰しもいい面を持っていることがわかるでしょう。人を判断するときに、いい面と悪い面、どちらに注目して人を見るかによって自分の中の相手に対する印象は大きく異なります。

人のいい面に注目して接することができるようになれば、誰とでも仲良くなることができ、多くの人からたくさんのことを学ぶことができるようになりますよ。

YUMANN
この映画をみることで、自然と人のいい面を見ることの大切さに気がつきますよ。

名言から人生論を学べる

ヴィンセントが教えてくれたことには、名言が含まれています。

あえてリスクを取る生き方もある。

人生のオッズ(確率)は、高い方が有利とは限らない。

この名言は、ギャンブル好きのヴィンセントからオリバーが教わった名言です。

常識や世間一般的な価値観に沿った行動が必ずしも正解とは限らない。

あえて、自分の心に従って行動し、リスクを取った方が後から幸せになれるという意味の名言です。

この映画を見ることで、自分の人生は

  • 安全だけど、最高の人生は送れない道
  • 危険だけど、その道を抜けると最高の人生が待っている道

どちらの道を進むべきなのか、またどちらの道を進みたいのか考えることになるでしょう。

映画の後半に感動すること間違いなし!

ヴィンセントが教えたくれたことの後半は、感動すること間違いなしの内容になっています。

少しネタバレになりますが、オリバーがヴィンセントについて発表するために、ヴィンセントの過去について知っていきます。

ヴィンセントは、国のために全力で戦っていた。愛する人のために全力で自分を捧げていたなど、ただの気難しいジジイではなく、心優しいヴィンセントの一面が見えてきます。

そして、オリバーが大観衆の前でヴィンセントについて発表します。その時、観客席で見ていたヴィンセントは、なんだか照れ臭そうな顔をします。

YUMANN
映画の後半で感動すること間違いなしの作品ですので、とてもおすすめですよ。

ヴィンセントが教えてくれたことのまとめ

ヴィンセントが教えてくれたことは、気難しいジジイと少年の心温まる友情が描かれています。

この映画を見ることで、自分の人生をどのように生きようか考えるきっかけになりますよ。

また、人の悪い面ではなくいい面も見てみようかなという気持ちになるでしょう。

ヴィンセントが教えてくれたことは、コメディー的な要素が含まれているので、楽しみながら見ることができますので、とてもおすすめですよ。

【ヴィンセントが教えてくれたことを無料視聴する↓↓↓】

【決定版】大人の恋愛がしたくなる!おすすめの恋愛映画25選

2019年9月1日